HOME>専門外来>心臓血管疾患外来

心臓血管疾患外来

心臓血管疾患外来とは?

心臓や血管といった循環器系の病気を対象としております。
動脈硬化症に起因する冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞)から、心臓弁膜症、不整脈、心不全、下肢動脈閉塞症といった「心臓血管疾患」全般を診ております。ペースメーカー埋め込み術後、人工弁置換術後などの治療・管理も行います。

また、高血圧・脂質異常症など動脈硬化を促進する病気に対しても治療のほかに予防医学的アプローチも行います。

  • ◎動脈硬化等により血管が詰まって引き起こる病気
    心筋梗塞、狭心症、頚動脈狭窄症、閉塞性動脈硬化症の治療、予防を行います
  • ◎心臓自体の病気
    弁膜症術後、先天性疾患(心房中隔欠損、心室中隔欠損、動脈管開存)術後、冠動脈疾患術後の治療・管理を行います
  • ◎不整脈
    ペースメーカー埋め込み術後の治療・管理を行います
  • ◎下肢の疾患
    末梢血管疾患、静脈血栓塞栓症、リンパ浮腫、むくみ、冷え性の治療・管理を行います

心臓血管疾患を引き起こす動脈硬化とは、血管の弾力性が失われ硬くなった血管にコレステロールが溜まり、血管の内径が狭まり血流の悪化により血栓ができやすくなった状態をいいます。動脈硬化が進むと心臓や血管のみならず、脳出血・脳梗塞といった命にかかわる病気につながります。
危険因子として、高血圧・脂質異常症・糖尿病・高尿酸血症・喫煙・メタボリックシンドローム・慢性腎疾患などが挙げられます。他にも肥満・過度の飲酒・ストレス・運動不足・睡眠時無呼吸・歯周炎なども、動脈硬化を促進するといわれています。

動脈硬化検査のご案内

芝浦スリーワンクリニックでは、血圧脈波検査装置、 (頚動脈)超音波診断装置を備えており、どちらも痛みの無い非侵襲的検査(ひしんしゅうてきけんさ)です。

動脈硬化検査については望月院長のほか、動脈硬化や代謝内分泌の分野では臨床および研究で著名な業績を持ち、日本動脈硬化学会名誉会員でもある当クリニックの板倉弘重名誉院長も検査を担当致します。

血圧脈波検査

血圧脈波検査装置
血圧脈波検査装置
(動脈硬化測定)

CAVI 心臓足首血管指数(血圧に依存しない血管固有の硬さを示す指標)
年齢が高くなるに従って値は高くなります。
正常範囲は8未満です。

CAVI≧9.0    動脈硬化の疑いあり
9.0>CAVI≧8.0  境界域
CAVI<8.0    正常範囲
ABI 足関節上腕血圧比(下肢動脈の狭窄・閉塞を評価)
値が低くなるに従って、狭窄や閉塞の可能性が高くなります。
標準値は0.91~1.4です。

ABI≦0.9  末梢動脈疾患の疑いあり
1.41≦ABI  足首の血圧が高め

血圧脈波検査では、動脈硬化の程度を示すCAVIとABIが血圧測定と同じような感覚で痛みなく測定することが可能です。
血管年齢を測定します。

頸動脈エコー検査

腹部・頸動脈超音波診断装置
腹部・頸動脈
超音波診断装置

頚動脈は首の左右にあり、心臓から脳に血液を送る大切な血管です。
頚動脈エコー検査は体の外から超音波により血管(頚動脈)の壁の状態や血液の流れ、プラークの有無や大きさを評価します。
被爆や痛みもありませんので、年月を追って動脈硬化の進み具合を知ることが簡単にでき、食生活の改善や運動療法、投薬などによる予防が可能です。

ホルター心電図

ホルター心電図(24時間心電図)
ホルター心電図
(24時間心電図)

ホルター心電図は、専用小型装置を身につけ24時間連続して心電図を記録する検査です。
日常生活中の長時間の心電図が記録されますので、記録時間が数十秒で済む通常の心電図検査や、短時間の負荷心電図測定では記録中に現れない、一過性異常や日常動作中に発生する異常を調べることができます。
不整脈の種類や数、発生時間帯や行動と心拍数との関係から、不整脈の診断などもでき、動脈硬化をみるのにも有効な検査です。

POCT(Point of Care Testing)迅速診断機器

POCT(Point of Care Testing)迅速診断機器
POCT
(Point of Care Testing)
迅速診断機器

POCT(Point of Care Testing)迅速診断機器は、指先から微量の血液を採取するだけで、HbA1c、脂質系項目が、6-7分程度で測定可能です。

診察日時
月 ・ 火 ・ 木 ・ 金
午前: 9時30分から13時30分(受付終了13時)
午後:14時30分から18時(受付終了17時30分)
※ 水曜のみ、第1・3週の午後のみ診療
担当医
望月吉彦院長