HOME>専門外来>睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来

睡眠時無呼吸症候群とは?

仕事中、特に会議に参加している時、急に眠気に襲われウトウトとしてしまいませんか?それは睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome/SAS)かもしれません。SASは、睡眠時に呼吸が頻回に止まる病気です。大きなイビキをかいて呼吸停止となった後、呼吸は再開しますが本人の自覚無く脳は覚醒し続けます。その為、深い睡眠がとれず昼間に強い眠気に襲われます。SASは生活習慣病と密接に関係し、高血圧、糖尿病、虚血性心疾患、脳血管障害の発症頻度が2~4倍に上昇するという報告もあります。また、SASの仕事への影響は40%効率低下とも言われ、適切な治療が仕事、生活の質の向上に繋がります。SASの頻度は、人口の約2~4%とされます。肥満体型に多いと考えられていますが、痩せ型そして女性の方にも見られます。

普段から熟睡感が少なく昼間の眠気が強い方、激しいイビキを指摘される方は、芝浦スリーワンクリニックの睡眠時無呼吸症候群外来をご受診ください。

睡眠時無呼吸症候群外来のご案内

芝浦スリーワンクリニックでは、簡易ポリグラフ検査機を貸し出し、ご自宅で行うことができる簡易SAS検査診断を実施しています。簡易ポリグラフ検査も、その後の治療も健康保険適応です。

セルフチェックシート

JESS™ (Japanese version of the Epworth Sleepiness Scale) ESS 日本語版

もし、以下の状況になったとしたら、どのくらいうとうとする(数秒~数分眠ってしまう)と思いますか。 最近の日常生活を思い浮かべてお答えください。
以下の状況になったことが実際になくても、その状況になればどうなるかを想像してお答えください(1~8の各項目で、選択は1つだけ)。

すべての項目にお答えしていただくことが大切です。
できる限りすべての項目にお答えください。

うとうとする可能性
ほとんどない 少しある 半々くらい 高い
1)すわって何かを読んでいるとき(新聞、雑誌、本、書類など)
2)すわってテレビを見ているとき
3)会議、映画館、劇場などで静かにすわっているとき
4)乗客として1時間続けて自動車に乗っているとき
5)午後に横になって、休息をとっているとき
6)すわって人と話をしているとき
7)昼食をとった後(飲酒なし)、静かにすわっているとき
8)すわって手紙や書類などを書いているとき

Copyright, Murray W. Johns and Shunichi Fukuhara.2006.

点数 0
 

JESS™は、眠気のスコアであり、SASのスクリーニングではありません。
JESS™で11点以上と日中の眠気が強い方は、簡易SAS検査あるいはSPG(睡眠ポリグラフ)検査を受けることをお勧めします。

CPAP(シーパップ)療法

気道閉塞の程度に応じた空気圧を、送風ファンによって鼻マスクを通して鼻から気道へ『経鼻的持続陽圧呼吸療法装置 (nasal CPAP:nasal Continuous Positive Airway Pressure)』という装置で送り込む治療法で、SAS内科治療では第一選択。

CPAP(シーパップ)療法

各患者に必要な圧力は個人差があるため睡眠状態を見ながら医療従事者が適切な圧力を調節します。
この療法は中等度から重度の患者の治療に効果的です。

経鼻的持続陽圧呼吸療法装置
(nasal CPAP:nasal Continuous Positive Airway Pressure)

診察日時
初診:水曜(不定期:要予約)
   9時30分から13時30分(受付終了13時)
担当医
初診:杉田 知妹(ちせ)医師